森の食堂 ア・ラ・カルト

フランスの片田舎で、四季の食材を使った料理を楽しみながら、森の動物とネコ達と暮らす日々を綴ったブログです。

2017.04.27.Thu

野菜の甘みが美味しい、ビーツのスープ

DSC03449_convert_20170428021153.jpg

いつもビーツは千切りにしてサラダで食べていたのですが、冬にいただいたものが冷蔵庫の中にいくつも残っていたので、残り物の掃除もかねてボルシチ風のスープにしました。→ボルシチ
牛肉がなかったのでベーコンを使い、ニンニクと玉ねぎを炒めて半端に残っていた紫キャベツ、コールラビ、ジャガイモ、人参、ビーツを加えブイヨンで1時間ほど煮込み、最後に生クリームを入れました。ビーツ独特の風味と甘みのあるスープになりました。

ビーツには白いビーツ(Betterave blanc)というのがあって、糖分が多く含まれているので、昔から砂糖の原料として、また動物の餌のために栽培されているそうです。フランスに来て間もない頃、畑の隅に何日も放置され、山積みになったジャガイモのようなものを見て「あれは何だろう?」と度々思ったものです。



betterave-bioéthanol-france_convert_20170428035445
山積みの白いビーツ(写真はお借りしたものです)




DSC02921_convert_20170428022423.jpg
zzz...





 | HOME |