森の食堂 ア・ラ・カルト

フランスの片田舎で、四季の食材を使った料理を楽しみながら、森の動物とネコ達と暮らす日々を綴ったブログです。

2017.06.10.Sat

野鳥観察②

DSC03803_convert_20170610172637.jpg
先週に続いて鳥に詳しいお友達に、今度は違うポイントへ野鳥観察に連れて行ってもらいました。この日は30℃近くまで気温が上がったのですが、日本とは違って沼や川の近くでも蒸し暑さはなく、日陰に入れば涼しくて、汗をかくようなことはありませんしヤブ蚊もいません。

駐車場から森を抜けてポイントまでは、なるべく日陰を探して進んで行きます。草を食む羊の群れを横目に見ながら、川のあるところまで行くと、すでにたくさんのトンボが飛んでいました。川面のあちこちに水草の上に乗ったカエルの姿をみかけます。肝心の野鳥の写真が一枚もないのは、望遠レンズのカメラを持っていないので、残念ながら主役の鳥さんをきちんと撮ることができません。写真でその場の雰囲気だけでも・・。

DSC03815_convert_20170610173611.jpg




DSC03805_(1)_convert_20170611022504.jpg




DSC03808_convert_20170610172805.jpg
ポイントにたどり着き観察小屋の小窓から外を見ると大きな沼が一面に広がっています。沼に浮かんだ小さな島には、Sterneという鳥のヒナが大きな声で親鳥に餌をねだり、水際の倒れた木の上では青首鴨が毛ずくろいをしていました。白鳥や鵜も見かけます。


DSC03809_convert_20170610173507.jpg






DSC03828_convert_20170611023031.jpg

田舎道を通るのは鳥を観察しに来る人だけでなく、犬を散歩に連れて来る人、家族で散歩に来る人、サイクリングやジョギングをする人と目的は様々。ここに生えている木はほとんどが落葉樹なので、冬には景色がガラリと変わるのだそうです。今度来るときはお弁当でも持ってきましょうか^^。




 | HOME |