森の食堂 ア・ラ・カルト

フランスの片田舎で、四季の食材を使った料理を楽しみながら、森の動物とネコ達と暮らす日々を綴ったブログです。

2017.07.24.Mon

7月の花と生き物たち

DSC04184_convert_20170714172354.jpg
秋に植えた青いアザミの花が元気に咲いています。

気がつけばいつの間にか7月も下旬。徐々に日没も早くなってきました。フランスは7月いっぱいバカンスをとった人と、8月からバカンスをとる人との入れ替わりの時期でもあります。何日間か続いた暑さから一転して小雨がパラつく陽気に変わり、今日は最高気温が20℃と肌寒い1日でした。乾ききった土地が雨で潤ってくれるのは、植物にとってありがたいです。


DSC04465_convert_20170723200624.jpg
飛び方もだいぶ様になってきた若いシジュウカラたち。
それでもまだお母さんの後をついて飛び回っています。



DSC04442_convert_20170724054403.jpg
甘えん坊のご近所のネコさん。6月に誰かが仕掛けたトラバサミの罠にかかって、左前足を失いかけるほどの大怪我をしたのですが、無事に回復して、またうちに遊びにくるようになりました。本来なら外に出さないほうがいいのですが、人さまの家のネコのことですから、あまり強くも言えません。自分の家と我が家の往復だけをしてくれることを祈っています。



DSC04278_convert_20170714172453.jpg
眩しいばかりの白い睡蓮の花。
夜間は花びらを閉じるので「睡眠する蓮」で睡蓮になったんだとか。
3日間だけその姿を見ることができます。



DSC04312_convert_20170723193220.jpg
久しぶりのハリネズミくん。ハリネズミは日が暮れて暗くなってから活動を始めるので、日没後にネコのドライフードを玄関先に置いて現れるのを待ちます。警戒心が薄いので多少音を立てても逃げません。こっそり玄関の扉を開けて写真を撮りました。このハリネズミくんは5〜6年前からこの庭で暮らしていると思われます。



DSC04186_convert_20170714062214.jpg
草丈15〜20cmほどの可愛らしい花。
11月まで花を楽しませてくれます。



DSC04228_convert_20170723000510.jpg
3年前に作った虫のホテルにも、入れ替わり立ち替わり
たくさんの虫たちが集まってきます。



DSC04405_convert_20170723000631.jpg
蝶々が大好きなブッドレアの花には、多いときに5〜6種類の蝶が
一度に留まっていることもあります。(Arbre papillon-蝶の木)




DSC04169_convert_20170723000245_20170723005202157.jpg

去年の夏は長く続いた雨のせいで、パリ近郊の川が氾濫し、多くの家が床上浸水の被害に遭いました。今年は日本各地で大雨による被害が相次いでいます。自然の大きな力の前では人はなすすべもなく、地球に生きる他の生き物と変わらぬちっぽけな存在だということを思い知らされます。


 | HOME |