FC2ブログ

森の食堂 ア・ラ・カルト

フランスの片田舎で、四季の食材を使った料理を楽しみながら、森の動物とネコ達と暮らす日々を綴ったブログです。

2017.10.19.Thu

コウモリは、昼間は飛べない?

DSC05272_(1)_convert_20171020060322.jpg
バラを剪定するために、いつも開けっ放しだった雨戸を少しだけ動かしてみると、雨戸の裏から何か小さいものが”ぽとり”と落ちてきました。何かと思ったらそれは小さなコウモリ!(゚o゚;)。フワフワの毛に覆われた、小さな目と耳を持つとても可愛いコウモリです。以前から、この雨戸の裏にコウモリが住んでいたのは薄々知っていたのですが、壁にへばりついてると思ったので、こんな風に簡単に落ちてしまうとは思ってもみませんでした。熟睡しているのか、動こうとも飛ぼうともしません。落ちた時にバラの枝が羽の間に挟まってしまったので、それをそっと外して元のところに返しておきました。

翌日、コウモリの居た雨戸の裏を覗いてみると、少し場所を移動したものの、やはり雨戸に張り付いていました。この雨戸はとても日当たりが良いので、居心地がいいのかもしれません。昨今、環境の変化と農薬の使用でコウモリの餌になる虫が少なくなったことが原因で、フランスのコウモリも劇的に少なくなってきているらしいので、大事に見守りたいと思います。



DSC05250_convert_20171020060433.jpg
今年も鉢植えのミカンの木に、たくさんの実がなりました。クレモンティーヌやマンダリンオレンジではなく、日本の「みかん」の木なんです。妻が数えてみたところ100個以上はあるようです。小ぶりのみかんですがかなりの重さなので、枝が折れないようにあちこち支えながら、毎日少しづつ食べています(^^)。今年は少し酸味が強いようです。





 | HOME |