FC2ブログ

森の食堂 ア・ラ・カルト

フランスの片田舎で、四季の食材を使った料理を楽しみながら、森の動物とネコ達と暮らす日々を綴ったブログです。

2018.01.15.Mon

国境なき食品

バターがお店からなくなるという現象が時々日本で起こりますが、実はフランスでも去年2017年の中旬たりから暮れにかけて、一時期深刻なバターが不足が起きていました。酪農国フランスでなぜ売り場の棚からバターが無くなるの?と思っていましたが、乳製品の中国への輸出が伸びていることも、大きなひとつの要因になっているのだそうです。
フランスの酪農家はもう何年も厳しい経営状態に置かれているので、生産者としては安値でしか引き取ってくれない加工業者→フランスの大手スーパーより、高値で売れる中国(日本も)へ商品を回すのは当然のことかもしれません。

600-1_convert_20180115075930.jpg

また、イタリアでは販売される缶詰めのトマトやトマトペースト、ピューレなども、缶には「メイド.イン.イタリー」と表示されていても、実際にトマトが栽培されているのは、イタリアではなく中国やスペインで栽培されたトマトを輸入してイタリアで加工し「イタリア産」として販売されている製品も多いのだそうです。
それに反して、頑なにイタリア産のトマトにこだわり、トマト商品を作り続けている会社もあります。(写真のMUTTI)


イタリアで作られたトマト缶を使ってトマトソースを作ったら、実は中身のトマトはアジアで栽培されたものだったというのも、なんだか寂しい気がします。食べ物に国境が無くなってきている現代、これも仕方のないことかもしれませんが、しかし、せめてこうやって原料を国産にこだわって頑張っている会社があるならば、できればそういった会社の製品を買って応援したいなと思いました。




DSC06155_convert_20180115055454.jpg
オマケねこ・・うにゃ^^




 | HOME |