森の食堂 ア・ラ・カルト

フランスの片田舎で、四季の食材を使った料理を楽しみながら、森の動物とネコ達と暮らす日々を綴ったブログです。

2013.01.12.Sat

Sauce Viergeー乙女のソースー

DSC03355_convert_20130112011143_20130112064834.jpg

今日はスズキのポワレ乙女のソースです。(ソース.ヴィエルジュ)これは本来夏のソースなのですが、ちょうど昨日スズキを買ってしまったのでこのソースを作ってみました。簡単に作れるのでご紹介します。


 
材料 約二人前

トマト(大)・・・         1個(湯向きして皮を剥き、際の目に切る)
エクストラバージンオイル・・・   大さじ2〜3
エシャロット・・・         大さじ1(からみの少ない赤玉葱で代用して下さい。細かいみじんぎり)
ニンニク・・・           1/2個(包丁でたたいてつぶす)
パセリ・・・            大さじ1(みじん切り)

コリアンダー・・・         小さじ1/3(すりつぶす)
胡椒・・・             小さじ1/4(すりつぶす、ここでは緑胡椒を使いました)
ドライカモミール・・・       小さじ1 (なくても問題ないです)
レモン汁・・・           大さじ1/2〜1(好みで)
 
ここに書いた大さじ、小さじはテーブルスプーンとティースプーンで計ったものです。IKEAで買ったものです。
日本でも同じタイプ売られてますでしょうか?

下の写真はイタリアンパセリ(フランスにはこのパセリしかありませんので使いました)ニンニク、エシャロット。
スプーンにのってるのが、胡椒、カモミール、コリアンダーです。

DSC03309_convert_20130112213333.jpg
DSC03299_convert_20130112074610.jpg

カモミールは無農薬のカモミールです(普通これは必要ありません)。胡椒とコリアンダーはつぶします。エシャロットとパセリは細かく刻んで。
それとトマトもここではドライトマトを使ってます。実際には熟して甘い生のトマトをサッと湯向きして、皮をむきさいの目にしたものを使います。


DSC03313_convert_20130111233721_20130112064832.jpg
DSC03316_convert_20130112064117.jpg
DSC03324_convert_20130112065103.jpg
DSC03325_convert_20130112010000_20130112064833.jpg

オリーブオイルとレモン汁をしぼって混ぜるだけ。

DSC03332_convert_20130112010252_20130112064834.jpg

今回は基本のヴィエルジュ.ソースをちょとブレンドを変えて冬ヴァージョンはこんな感じかなというふうにしてみました。

実際使う材料は、パセリの変わりにセルフィーユ、エストラゴン、シブレット等です。ハーブたっぷりですね。
すべてフレッシュなので残念ながら、この季節はありません。パセリくらいはこの時期でも手に入るだろうということでパセリを使いました。基本のソースにカモミールは入りません。

ただ野菜を刻んで混ぜるだけ。ニンニクだけはつぶしてソースに混ぜ、食べる時は魚にはかけません。
香りだけソースにつける感じです。味もとても控えめな、魚を引き立ててくれるソースです。食べる時は常温で使います。


カモミールを指でつぶして皿の周りにちらしました。ソースに入れても風味はあまり感じませんね。
ちなみにご飯のおかずという感じではないですね。魚の下にしいたのは、単にキャベツをオイルで炒めたものです。葉っぱは人参の葉。魚は単純にフライパンで皮目をしたにして焼いただけです。スズキの他では白身で塩焼きに向いてる魚ならなんでも合うかもしれません。

DSC03344_convert_20130112072514.jpg










 今日のねこ・・

DSC03263_convert_20130112073804.jpg






 | HOME |