FC2ブログ

森の食堂 ア・ラ・カルト

フランスの片田舎で、四季の食材を使った料理を楽しみながら、森の動物とネコ達と暮らす日々を綴ったブログです。

2018.05.04.Fri

ノルマンディー③ エトルタ

DSC07355_convert_20180428181104.jpg
ノルマンディー地方は雨の多いところなので天気を心配していましたが、滞在中はよく晴れてくれました。2日目にエトルタという所を訪れたのですが、美術館で岸壁の絵を見たことはあっても実際にそれを見るのは初めてでした。波風で浸食された岸壁は想像していたよりも大きく存在感があり、画家たちがこの海岸に魅了された気持ちが分かる気がします。



1920px-Gustave_Courbet_015_convert_20180504190924.jpg
ギュスターヴ・クールベ Gustave Courbet




DSC07361_convert_20180430023415.jpg




DSC07372_convert_20180430023552.jpg





DSC07350_convert_20180430022005.jpg



DSC07352_(1)_convert_20180430022519.jpg

海岸は砂浜でなく鶏の卵ほどある丸い石ばかりで、波の寄せる「ザザー」という音と「ゴロゴロ」と石の転がる音とが混ざりあって、あまり聞いたことがないような波の音が海岸に響いていました。ここにはたくさんの観光客が訪れますから、ここの石を皆が持っていくとすぐに海岸線の形が変わってしまうので、石の持ち帰りは禁止されています。

ノルマンディー地方に入ると、あちこちで牛の放牧されている姿を見かけます。牛だけでなく馬、鶏やアヒル、羊などの動物がいる景色を見ると、それだけで心が和むから不思議です。
甥っ子夫婦がフランスに来るのは2回目ですが、またフランスに来たいと言っていました。おかげで私も久しぶりに国内の旅行ができて楽しめました^^。







 | HOME |