FC2ブログ

森の食堂 ア・ラ・カルト

フランスの片田舎で、四季の食材を使った料理を楽しみながら、森の動物とネコ達と暮らす日々を綴ったブログです。

2018.05.19.Sat

航空博物館

DSC07094_convert_20180520052855.jpg
先月4月の初旬のことになりますが、家の近くのローカルな空港に隣接してある、飛行機の博物館に行ってきました。
そこに置いてある飛行機は、第一次世界大戦中に使われた複葉機から、第二次世界大戦中の爆撃機まで様々な飛行機が展示されています。
これらの飛行機のほとんどが、戦争が起きた事によって開発、発展してきたことを思うと、なんとも皮肉な話だなと感じずにはいられません。
木と布でできた飛行機が飛んでからわずか100年で、今では空を飛べる事が当たり前になっているのですから、人間の知恵と創造する力はすごいなと感心します。


DSC06993_convert_20180520010844.jpg
よくこんなに細い翼間支柱(翼と翼の間にある木の支柱)で空中分解しないものです。開戦当初は主に敵地を偵察するのが目的だったらしいので、機体は武装していません。


DSC07004_convert_20180520052930.jpg
ひとつひとつ部品も手作りされていたのでしょうから、今となっては大変価値のあるものです。少し時代が進むと機関銃が装備され、空中戦が繰り広げられるようになったそうです。


DSC07011_convert_20180520011054.jpg
Bristol F.2B

DSC06989_convert_20180515003549.jpg
空港脇にあるレストラン



DSC07046_convert_20180520053125.jpg



DSC07075_convert_20180520011259.jpg
間近でみるとかなり迫力があります。航空力学などの専門知識が全くない私から見ると、こんな鉄の塊がよく飛ぶものだと不思議になります。B-17


DSC06992_convert_20180515003632.jpg

実は5月19、20日の二日間、この空港でエアーショーが開催されました。家から3kmほどのところにあるので、ショーの出番を待つ飛行機が大きな音をたてながら家の上空を幾度も通過していきます。
ショーの中には真珠湾攻撃を演出したものもあり、当時のプロペラ機が編隊を組んで通過するのを見ると、当時の日本の人たちもこうやって出撃する若者たちを見送ったのだろうかと思ったりしました。飛行機が破壊を目的に上空を飛び回る日が来ないよう祈るばかりです。




 | HOME |