FC2ブログ

森の食堂 ア・ラ・カルト

フランスの片田舎で、四季の食材を使った料理を楽しみながら、森の動物とネコ達と暮らす日々を綴ったブログです。

2018.07.16.Mon

農家へお手伝い(夏)

DSC08423_convert_20180717054141.jpg
昨日、日曜日は久しぶりに有機野菜を育てている農家さんのところへお手伝に行ってきました。前回行ったのは4月だったので、丁度良い気候だったのですが、さすがに今は真夏。私と妻は屋根の下で黙々とニンニクの選別をしていましたが、最高気温29℃の炎天下、手で人参畑の雑草取りをしてた人たちは、夕方近くなる頃には完全に干上がって疲れ果てていました。


DSC08424_convert_20180717054153.jpg
農家のアイドル犬?「ナナくん」暑くてへたばってます。

有機野菜を育てるというのは口でいうほど簡単ではなく、長雨が続いて玉ねぎが病気になったり、ズッキーニの葉はうどん粉病に、たった1〜2日で数百のレタスが虫に食べられて出荷できなくなったり、人参はネズミに、カリフラワーは青虫に全滅寸前になるまで食べられたりと、農薬を使わずに農業を営むというのは本当に大変だと思います。


DSC08427_convert_20180717054414.jpg



さて、日曜日はワールドカップの決勝戦でした。そしてまさかのフランス二度目の優勝。開幕当初は、おそらくほとんどのフランス人も優勝するとは思っていなかったかもしれません。
パリだけに限らず、各地の大きな街中はお祭り騒ぎ。この時ばかりは普段サッカーを観ない人も、にわかサッカーファンとなり、まるで自分が勝利を掴んだかのように、母国の優勝を喜んでいました。それにしても若者の持ってるエネルギーは半端ではありません。テレビを見ていて、そこまで嬉しいか!?と問いたくなりました。
若者たちの溜まったエネルギーを発散させるためにも、スポーツは大切なんだろうなぁとしみじみ思いました。







 | HOME |