FC2ブログ

森の食堂 ア・ラ・カルト

フランスの片田舎で、四季の食材を使った料理を楽しみながら、森の動物とネコ達と暮らす日々を綴ったブログです。

2018.08.15.Wed

ニワトリの喜び

DSC08459_convert_20180728023856.jpg

ニワトリを飼い始めてから一月以上が経ち、いまでは彼女たちも好き勝手に庭の中を歩き回るようになりました。卵は毎日1〜2個のペースで産んでくれるので、新鮮な卵といえばお約束の卵かけご飯にしたり半熟卵でいただいて、ちょうどいい具合に消費できています。

ニワトリの行動を観察していると、お互いの近くにいることが好きなようで、他の鶏がしていることを真似したがる習性があるようです。一羽が地面を掘り起こして虫を探してると真似をして地面を掘り、植物を突いて食べると同じようにつつき、同じように砂浴びをし、同じ時に一休みして毛ずくろいをします。
最近は私たちにもずいぶん慣れてきて、餌をくれる人だとわかっているせいか後を付いて来るようになり、走る姿もとても可愛いです。



DSC08449_convert_20180805061844.jpg

養鶏場は”半端なく臭い”という子供のころの記憶があるので、小屋の中と小屋周りの鶏糞は毎日拾って、野菜クズや刈った雑草と混ぜてコンポストに入れて堆肥にします。


DSC08668_convert_20180814193735.jpg

DSC08669_convert_20180814193817.jpg

ニワトリを飼い始めるときにネコの存在が心配だったのですが、その心配をよそにニワトリが近ずくとネコの方が逃げて行きます



DSC08622_convert_20180814052631.jpg

この自由なニワトリたちを見ていると、自然とは程遠い環境の中で飼育されているブロイラーの事をつい考えてしまいます。ニワトリ本来の持つ生きる喜びや尊厳を無視して、狭い室内や籠の中で工場で物を作るように飼育するのは果たして『当たり前』なのでしょうか。
ニワトリだけに限らず、身動き一つできない場所で一生を終える現代の家畜は、資本主義が生んだ競争社会の犠牲者に他ならないと思います。
少しずつではありますが、世界各地でそういった動物の飼育環境を改善する動きがでてきているので、多くの人が関心を持つようになればいいなと思っています。






hana8_201808090524129c8.jpg





Dj1o_aAU0AAqsRZ_convert_20180806175224.jpg


山口県で行方不明になっていた2歳の男の子が見つかったと聞きホッとしました。私の孫もこの子と同じくらいの歳なので、小さな子供からは絶対に目を離してはいけないなと感じました。無事発見されてさぞかし家族の方も喜ばれていらっしゃると思います。発見したボランティアのおじいさんも素晴らしいです。
いったい何があったのかフランス人女性は未だに行方がわかっていません。良いかたちで発見されることを願っています。



20180805-00000537-san-000-9-view_convert_20180809052103.jpg

私の友人の知り合いのフランス人女性が、先日、栃木県を旅行中に行方不明になってしまいました。
以下、産經新聞より『県警によると、ベロンさんは身長165センチ、中肉で髪は茶色。7月27日に来日し、28日から2泊の予定で日光市匠町の宿泊施設に1人で宿泊していた。同29日午前10時ごろ、外出する様子だったベロンさんに宿泊施設の男性経営者が見かけて声を掛けて以降、姿が見えなくなったという。
30日午前11時ごろ、宿泊施設から近くの交番に連絡があり、ベロンさんがメモに残してた付近の観光施設周辺などを捜索したが、手がかりが得られていない。宿泊施設にはスーツケースやパスポートが残されており、小さなショルダーバッグなどの軽装で出かけたとみられる。ベロンさんは今月中旬まで日光市や東北、京都などを旅行する予定だったとみられる。』

現在すでに2週間以上経っても見つかっておりません。どこで何がきっかけになるか分かりませんので、今回ブログに掲載いたします。些細なことでもかまいませんので、何か情報がありましたら日光警察署の方にご連絡お願いいたします。

 | HOME |