FC2ブログ

森の食堂 ア・ラ・カルト

フランスの片田舎で、四季の食材を使った料理を楽しみながら、森の動物とネコ達と暮らす日々を綴ったブログです。

2016.05.24.Tue

ブラジルのデザート、キンジン ーQuindimー

DSC09375_convert_20160524193933.jpg
久しぶりの料理レシピです。
2014年、ワールドカップがブラジルで開催されていた頃、テレビで”キンジン”というブラジルのデザートを紹介していました。見た目がマンゴームースのようですが、この濃い黄色い色は卵黄の色です。

ウィキペディアによると『キンジン(Quindim)は、ブラジルのデザートで、主原料は砂糖、卵黄、すり潰したココナッツである。通常はカップから出して上下逆の状態で提供される。表面には光沢があり、濃い黄色をしている。』とのこと。

使われている材料もシンプルで手に入れやすく、作り方も簡単なので、以前一度作ってみたことがあるのですが、その時はキンジンらしい表面の綺麗なツヤがでず、ちょっと納得できなかったので今回リベンジしてみました。

”キンジン”のレシピをいくつか検索してみると、かなり材料にも作り方にもばらつきがあります。

今回、このレシピで作ってみた感想ですが、柔らかいプリンのような出来上がりかと思いきや、アルジェリアやチュニジアのお菓子のように、手でも摘めるようなしっかりとした仕上がりです。


DSC09384_convert_20160525021354.jpg

ココナッツファインの量を減らせば、もう少しソフトな仕上がりになるかもしれませんが、このココナッツファイン独特のシャリシャリ感が特徴でもあり、卵黄をたっぷり使っているので、タマゴの風味もしっかりあって私は気に入りました。艶やかに光るシロップは、見た目にも味的にもやはり大切だと思います。ココナッツ好きにはオススメのスイーツです。



DSC09358_convert_20160525190942.jpg

アンニュイ顔の、ご近所のネコさん。




作り方は、続きを読むに別記しておきます↓
2015.01.19.Mon

林檎のタルト

DSC03473_convert_20161025003731.jpg
アーモンドクリームと林檎のタルト

お菓子を作る機会は、友達や家族が来たときくらいでしょうか。

そんな時はいつでも家に転がっている林檎を使ったタルトを作ります。
タルト生地は、サクっ、ホロっ感があった方がいいですね。

自分用にする時は、ツヤを出すためのジャムはあまり塗りません。
カロリーオーバーになると言われますから・・(^n^;)


DSC02546_convert_20161025003915.jpg
先月末三たび、長い停電がありました。15分〜1時間半の。
私たちの生活というのは、電気がないとホント何もできなくなりますね。

夜に停電になると、それこそやることもないし
なんでもパソコンに依存し過ぎているなと感じました。

ロウソクを点して、静かに本を読むのも悪くないものです。
いや、逆にそんな時間が必要なのかとさえ思いました。


DSC03201_convert_20161025004048.jpg
林檎とカスタードクリームのタルト

フランスで暮らしはじめて15年。
このままここで生活をするのか、それとも日本に帰るのか。

漠然とこのまま、ここにいるのだろうと考えていましたが
ちゃんと現実を見直して、もっとこの国に関わりを持って生きていこうと
思いをあらたにしています。今ごろ遅い。 (ノω=;)

そういった目的でブログに費やす時間も使いたいと思っています。
今でも皆様のブログへお伺いする回数が、かなり減っていましたが
また減ってしまうと思います。

コメント欄も時間のとれる時に開けると思いますので
どうぞご了承くださいませ・・。








2014.06.23.Mon

おチャケと果物

DSC07652_convert_20140609064621_2014062401003993d.jpg
今の時期日本でも梅を使って、シロップや梅酒を作っていらっしゃる方も多いかと思います。ヨーロッパに梅はありませんが、4月から6月にかけて出回る赤いフルーツと言われる果物で(苺、フランボワーズ、ブラックベリー、グロゼイユ、カシス、ブルーベリーなど)お酒やビネガーが作れます。

特別それが飲みたいというわけではないのですが、こういった果物を見るとなんだか作りたくなってしまいます。オ・ド・ヴィ (Eau de vie)というアルコール度数45%のお酒や(ホワイトリカーのようなもの)、ワイン、ラム、キルシュ等で果物を漬け込むのですが、冷やして飲むと甘くて飲みやすくなります。今日は自分のための覚え書きのようなものです。

DSC07273_convert_20140624042745.jpg
フランボワーズのワイン  ーVin de Framboiseー
 
材料
ロゼワイン・・・    750ml
フランボワーズ・・・  500g
砂糖・・・       200g
ホワイトリカー又は
オー・ド・ヴィ・・・  200cc

①清潔な入れ物(何でもいいです)にフランボワーズと砂糖を入れ、ひたひたにかぶるくらいロゼワインを注ぎ、冷たい場所に24時間置いておきます。

②翌日これを鍋にいれて火にかけ、沸騰寸前になったら火を止めてそのまま冷まします。

③冷めたらこれを細かい網で漉して、漉したものに残りのロゼワインと、オー・ド・ヴィ(又はホワイトリカー)を混ぜ、瓶にいれて冷蔵庫で冷やします。

④冷えた炭酸水やペリエでわって頂きます。(材料に多少の増減があっても問題ありません)
※これは作った翌日から飲めます。残ったフランボワーズはそのまま食べても、ワインに浮かべてもいいですね。

DSC07794_convert_20140624001736.jpg



tabemono-itigo_20140624041302a59.gif

DSC08219_convert_20140624001657.jpg
赤い果物とキルシュ酒  ーFruits d'ete au Kirschー
 
材料
赤いフルーツ・・・   450g
砂糖・・・       160~170g     
キルシュ酒・・・    200cc

作り方は綺麗な瓶に、フルーツと砂糖を順番にいれて、キルシュを注ぐだけです。
冷暗所で2〜3ヶ月保存できます。食前酒としていけます。
甘ずっぱいフルーツのヴィジュアルと味わいが女子むきかも

DSC08184_convert_20140624005224.jpg



tabemono-0009.jpg



DSC08161_convert_20140624004954.jpg
オレンジとグレープフルーツ、白ビールとハチミツのシロップで  ーSoupe d'agrumes au mielー
 
材料
白ビール・・・   350cc
ハチミツ・・・   大さじ山1〜1.5(ハチミツのかわりに砂糖でも)
オレンジのしぼり汁 1個分
レモン汁・・・   少々
バニラ・・・    1/2本
八角・・・     1個
バジルもしくはミント 適量
グレープフルーツやオレンジ適量

 作り方
①鍋に白ビール、オレンジの絞り汁、バニラ(半分に切って中のタネもこそいで)八角を入れて火にかけ、沸騰したら火を弱めて半量になるまで煮詰めます。冷蔵庫で冷やしておきます。

②オレンジとグレープフルーツは皮を剥き、食べ易い適当な大きさに切っておきます。
冷やしたシロップと一緒にミントやバジルの葉を浮かべて供します。

ビールのほろ苦さがオトナの味わいです。
グレープフルーツとオレンジを優しく包み、バジルの香りが夏らしさを倍増。


DSC08195_convert_20140624043136.jpg
             これは和の器で。

もともとお酒に果物を漬けるというのは、保存が目的で意味ではじまったのかもしれませんがとてもよく合います。






2014.02.07.Fri

リンゴとカルバドスのクレープ   Crêpes au calvados aux pommes.

DSC05226_convert_20140208034200.jpg

去年の二月の記事を見ていて思い出したのですが、2月2日はクレープの日でした。(La Chandeleur )この日は光と関係のある日ということで、日照時間が少なかった冬も峠を越し、冬の悪い天気にさよなら、太陽よこんにちはというところからきているようです。
クレープの丸を太陽の形に見立てて始まったとか。この冬の冴えない天気にうんざりしてたのは、今も昔も同じだったようです。

そこで今回うちの奥さまがクレープを焼いてくれました。私がフランスに来てから感じたことですが、こちらの女性はマメにデザートを作ります。
友達と会う時外食をするよりも家に呼んだり又呼ばれたりして過ごすことが多いので、簡単にできるデザートを覚えておくことは大切なことのようです。



フランスにも料理ブログというものがたくさんありますが、自ら”クレープマニアック”と称する女性が鼻息も荒くクレープのレシピを紹介していましたので、妻も今回はそれを見て作ってくれました。

その方のブログ←こちら。写真も綺麗です。※上のクレープの写真は、去年の記事も写真です。


kitchen-satou_20140212203012e98.jpg


 
クレープ生地の材料 6〜7枚x26cmのフライパンで

全卵・・・         2個
牛乳・・・         250g
小麦粉・・・        100g(薄力粉50gと強力粉50gずつ)
グラニュー・・・      30g
水・・・          30g
塩・・・          1.5g
溶かしバター・・・     10g

ラム酒又はグランマニエ・・ 15g(あれば入れます)

※このブロガーさんは普段ミキサーで作るそうですが、手で混ぜるやり方も書いておきます。


<ミキサーで混ぜる場合> 

①ミキサーに全卵、牛乳、水、砂糖、塩、(あればラム酒、バニラエッセンス等もここで)を入れ、溶かしバターを入れたら、最後に小麦粉を入れ、(ここ重要→)すぐに1分間ミックスします。

※小麦粉を最後に入れることが大切です。粉を入れて時間がたつと、水を吸ってダマになる可能性があるため。
合わせた生地をボウルに移し、(もしダマがあるようなら網で漉して下さい)

②生地を室温で2時間以上休ませます。←大切(グルテンを落ち着かせるため)



<泡立器で混ぜる場合>

①ボウルに卵と砂糖を入れ、泡立器でよく卵をほぐしたら、塩、バニラエッセンスを加え、小麦粉を加え全体が均一になるまで混ぜ合わせます。
※泡立器の場合は小麦粉は先に入れます。

②次に水、牛乳、(リキュール類があれば)を少しずつ混ぜ合わせ、生地を作ります。

③最後に溶かしバターを加え、良く混ぜ合わせます。室温で二時間以上、生地を休ませます。

クレープを焼く時は、やや強めの中火で、毎回焼くごとにバターを薄く溶かします。





DSC04029_convert_20140207065915_20140212071740846.jpg










簡単ですが、リンゴのチップスやカラメリゼ、カラメルソースの作り方は別記しておきます。⬇




2013.10.29.Tue

ノルマンディーのリンゴのタルト  Tarte aux pommes normande

DSC02163_convert_20131030010517.jpg

何かリンゴのお菓子をというお声をいただきましたので作ってみました、
ノルマンディーのリンゴのタルトです。


私も料理の仕事を始めたころはシェフによく怒られました。
ミスをする自分に問題があるわけですが、あまり言われるとこちらも萎縮してしまって
だんだん動きも悪くなっていきます。


朝は早いし帰りは遅いし、お店にいくのがイヤで何度か辞めようと思ったことも。
そんな時期に作っていたタルトです。


アーモンドクリームのタルトも非常に美味しいのですが、
このノルマンディーのタルトはタルト生地を作らずに、リンゴをそのまま
グラタン皿に並べてクリームと一緒に焼くとクラフティーにもなるので
簡単にできるという意味合いからもこちらを選びました。




zakka-008.jpg




 
材料 タルト型 22~23cm

リンゴ・・・        紅玉など酸味のあるもの3個ほど
グラニュー糖A・・・     大さじ1(リンゴを煮る時のもの)
バター・・・        約20g

卵・・・          1個、プラス卵黄1個
グラニュー糖B・・・    30g(クリームと合わせる分)
生クリーム・・・      130cc(代わりに牛乳だけでも)
アーモンドプードル・・・  40g
コーンスターチ・・・    小さじ1
バニラ・・・        エッセンスやオイルなど適量
カルバドス酒・・・     大さじ2(※カルバドスは必須ではないのであれば使って下さい)

アプリコットや花梨のジャム・・・   最後にタルトの表面に塗るため、適量
タルト生地・・・      パート・シュクレ

※昨日のレシピでは量が少し足りないかもしれないので、若干変更してあります。


パート・シュクレ -pâte sucrée-

薄力粉・・・        250g
バター・・・        120g
グラニュー糖・・・     70g
全卵・・・         1個
塩・・・          軽く1つまみ

タルト生地の作り方は→こちらを参考になさって下さい。

・生地を型にのばし、冷蔵庫の中で休ませておきます。


DSC02130_convert_20131030061619.jpg
・リンゴは皮を剥いて4等分にカットし芯をとり、さらに1つを2〜3等分に切ります。
(リンゴ一個8〜12等分)
(※すぐに火を通さないなら塩水につけるか、レモン汁で色止めを)

・フライパンにバターを溶かし、グラニュー糖Aの大さじ1入れて中火でカラメルを作ります。
DSC02135_convert_20131030061603.jpg
・バターが色づいてきたら、ここに先ほどのリンゴを加え、
3〜6分ほど(リンゴの状態にもよります)中火〜弱火でリンゴに火を通します。

・最後にカルバドス酒を大さじ1加え、火をつけてアルコール分を飛ばし、
皿などにとって冷まします。


DSC02141_convert_20131030061558.jpg
ーアパレイユ(流し込むクリーム)を作りますー

・ボウルにグラニュー糖Bと全卵、卵黄、アーモンドプードル、
コーンスターチを入れホイッパーでよく混ぜ、次に生クリーム、バニラ、
カルバドス酒を加えてよく混ぜ合わせます。

・のばしておいたタルト生地に、先ほどのリンゴを並べて、アパレイユを流し込みます。
生地に穴を開ける必要はありません。


DSC02146_convert_20131031031518.jpg
・180℃のオーブンで35〜40分表面に焼き色が付くように焼きます。
・中心に串を刺して何もついてこなければ出来上がりです。

・冷めてからアプリコットジャムを表面に塗れば艶もでます。(写真は塗っていません)

・ここではリンゴを煮ましたが、生のまま並べても問題なく美味しくできます。
(ただ焼き上がりに、リンゴと生地の間に隙間ができます。)




kitchen0001.gif





DSC02187_convert_20131030063030.jpg  

リンゴ、生クリーム、バター、カルバドスとノルマンディーの名産が全部入ってます。

カルバドスはアルコール分の高いリンゴの蒸留酒ですが、
リンゴを発酵させた独特の香りが、ほんのり漂うお菓子になっています。

タルト生地を使わずに、耐熱皿にリンゴを生のまま並べてアパレイユを流して焼くと、
リンゴのクラフティーができます。

常温でも少し温かく食べても美味しくいただけるタルトだと思います。







animal-planet-triceratops-dog-costume-small-2.jpg
で、ハロウィンていつよ?








DSC02060_convert_20131030060015.jpg
タルトの生地が余ったので、生地の縁取りのデコレーションのやり方を。
別記しておきます。⬇





« NEW  | HOME |  OLD »