FC2ブログ

森の食堂 ア・ラ・カルト

フランスの片田舎で、四季の食材を使った料理を楽しみながら、森の動物とネコ達と暮らす日々を綴ったブログです。

パリ

2016.02.12.Fri

美術館

Paris27juin11_convert_20160213060713.jpg

エッフェル塔の直ぐ側にあるにもかかわらず、あまり海外からの観光客が行きそうにない、Musée du Quai Branlyという美術館に行ってきました。(外壁の一部に植物が植えられています)

この美術館にコレクションされているのは、ヨーロッパの美術品ではなく、アフリカ、オセアニア、中東、インドシナ、アメリカ、カナダ、メキシコなどの美術品が展示されていて、館内はうす暗く独特の雰囲気に包まれていました。

展示してある美術品の多くが、19世から20世紀にかけて、実際に生活の中で使われていたもので、戦い、呪術、葬式、占い、まじないなどに使われていたお面や装飾品を見ていると、負のエネルギーのようなものを感じる物もあり、それがお面や人形に染み付いるような気がしてきます。(♉。♉)

DSC08091_convert_20160213063743.jpg  DSC08102_convert_20160213060311.jpg
カリメロを彷彿させる動物の皮でできた面


DSC08115_convert_20160213054932.jpg
等身大のお人形がちょっとオソロシイ〜

DSC08195_convert_20160214055855.jpg  DSC08211_convert_20160212193102_201602130613280b5.jpg DSC08198_convert_20160213060610_20160213061325930.jpg DSC08108_convert_20160213072147.jpg
バッファローの皮でできたインディアンの衣装(女性)
近くで見ると丁寧に作られているのが分かります。
左、ネックレスはグリズリーの鋭い爪(アメリカ) 右、人の歯のネッックレス(オセアニア)

DSC08101_convert_20160213054740.jpgDSC08135_convert_20160213055131.jpg
左は貝殻で飾られた面。オセアニアのものにはよく貝殻が装飾に使われています。

DSC08204_convert_20160213060826.jpg DSC08207+(1)_convert_20160213072252.jpg
宝塚ベルバラ的、カーニバル衣装と、ちょっとおとぼけシロクマくん。(近代)



DSC08158_convert_20160213202855.jpg DSC08156_convert_20160213202508.jpg DSC08100_convert_20160213202726.jpg DSC08125_convert_20160213060151.jpg
彫刻や絵のモチーフに、動物が描かれているものをよく見かけました。
人々の生活に密接に関係していたのがよくわかります。


DSC08185_convert_20160213063441.jpg DSC08173_convert_20160213061228.jpg
呪いの人形?体中に釘とか




どの地域でも徐々にヨーロッパの文化が入り込み、植民地化されるに従って、個々の伝統文化が失われていったということです。


館内はかなり広くて、美術品も多く見応えたっぷり。どれも芸術の原点とでもいうのでしょうか、最後の方では疲れてきて集中して見るのが億劫になってきました。
でも個人的には、ルーブルやオルセー美術館よりも楽しめました。(^^)







2016.01.12.Tue

レンタル電気自動車

DSC07635_convert_20160112072022.jpg

以前から一度電気自動車に乗ってみたかったのですが、妻の運転で先日初めて街中で試乗してきました。
妻が初めてこの電気自動車を使った時、何度イグニッションキーを差し込んで回しても、エンジンのかかる「ブルル〜ン」という音が聞こえないので、故障してるのではないかと思ったそうです。電気自動車ですからエンジンが始動してもガソリン車と同じような反応がないんですね。
そんな話を聞いていたので、走っている時もとても静かなんだろうと想像していたのですが、ずば抜けて静かというわけでもなく、モノレールに乗っているような「クイ〜ン」という独特な機械音が印象的でした。

この無人レンタル電気自動車、以前ブログでも紹介しましたが、乗車する時にチャージしている電気コードを外して、目的地に着いてまたコードを差し込むまでの時間が料金として計算される仕組みになっていて、使い終わった時点で、専用のカードから自動的にお金が引き下ろされる仕組みになっていています。
パリを走る電気自動車←以前の記事


電車で出かけたら思ったよりも買い物の荷物が増えてしまった、重くて大変だな〜・・という時に近くにこの電気自動車があれば、サクッと借りて自宅近くで乗り捨てればOK! そんな感じでスマートに使いこなすのが理想といったところでしょうか。
パリの街中であれば、どこでも簡単に専用のステーションを見つけることができます。
初めてで使い方が分からない時や車が故障した時にも、車内に設置されているマイクで、直接センターに待機している人と会話することもできるといった具合に、サポートもしっかりしているようです。


去年東京都知事の舛添さんもフランスに来て、パリをあちこち見学して周られたようですから、ひょっとしたら都内電気自動車レンタル構想なんていうものが、都知事の頭の中にできつつあるのかもしれませんね。(^^)







DSC06232_convert_20160113070019.jpg

脚の間に収まって寝るあずき・・









2015.12.14.Mon

灯り

 
DSC07691+(1)_convert_20151215050315.jpg

日本からお客様が来たとき以外は、滅多に外食しないのですが
久しぶりに義父と妻と3人で夜に食事に出かけてきました。

パリの夜景はいつ見ても綺麗だなと思います。
フランスの家庭ではほとんど蛍光灯を使わないので、こちらで暮らし始めた当初は
随分街中も暗いなと感じたものです。
それも最近では慣れてきて、オレンジ系のこの灯りが
温かさを演出してくれているように感じます。



DSC07683_convert_20151215050403.jpg




DSC07706_convert_20151215051509.jpg




DSC07710_convert_20151215051004.jpg




DSC07715_convert_20151215051203.jpg  




DSC07717+(1)_convert_20151215052427.jpg



DSC07689_convert_20151215045839_20151215050608cfe.jpg










2015.11.27.Fri

国旗

DSC07513_convert_20151128043525.jpg
あるお惣菜屋さんの店先

私が子供の頃には、お正月や祭日には日の丸の旗を掲げている家をよく見かけましたが、今はどうでしょう。お正月はともかく、祭日にもきちんと日の丸を飾る家は、今では少なくなったのではないでしょうか。

フランスで自国の旗を買う人は、おそらくマリン・ルペン率いる極右政党の人間か、サッカーのサポーターぐらいのものだろうと思っていたのですが、今回のテロ事件で国民の愛国心に火がついたらしく、フランスの国旗がよく売れているのだそうです。

テロ事件から2週間が経ち、今日27日はアンバリードという所で、亡くなった人達の家族と多くの政治家が集まり、犠牲者の冥福を祈って追悼式が行われました。
街中でも商店の店先やアパートの窓、車のボンネットなどにフランスの国旗をが飾られ、パリ市民が追悼の意を表していました。


花屋さんにはたくさんのクリスマス用のツリーが並ぶ季節になり、街も華やかになってきましたが、その一方フランスの観光地は、テロの影響で旅行会社のキャンセルが相次ぎ、観光客が激減しているのだそうです。
フランスで一番大きな市場”Rungise”ランジスも(日本で言えば築地のような所)レストランのお客が減少したせいで、いつもの活気がなくなっているとニュースで話していました。
今年はいつになくひっそりとした12月を迎えそうな雰囲気です。

この週末から2週間、パリの郊外でCOP21という温暖化対策のための国際会議が開かれます。各国の首脳がたくさん集まるだけに、街ではまだしばらく厳重な警備が続きそうです。








2015.11.19.Thu

エッフェル塔

DSC07415_convert_20151119195032.jpg
いままでにも何度かエッフェル塔が、特別なカラーにライトアップされたことがありましたが、トリコロールカラーに染まったエッフェル塔は滅多に見ることができないせいか、多くの人が訪れて写真に収めていました。

世界各地でも同様に建物がライトアップされて、まるで何かのイベントのようになっていましたが、それでいいのだと思います。

今まで見た中で、一番綺麗なエッフェル塔だと感じました。





« NEW  | HOME |  OLD »