森の食堂 ア・ラ・カルト

フランスの片田舎で、四季の食材を使った料理を楽しみながら、森の動物とネコ達と暮らす日々を綴ったブログです。

2015.02.08.Sun

街から姿を消していった職業①

中世期のパリはまだ下水道が設備されていなかったため、汚水をそのまま道に投げ捨てていました。以前のブログ→(鼻の都は臭かった・・)街の中はいつも生ゴミや汚物の臭いで溢れていたようです。そんな不衛生な街をなんとかしようと、19世紀末から20世紀初頭にかけ、ジョルジュ・オスマン (Georges-Haussmann)という人の手によって、パリ近代化へ向け都市整備が行われていきました。

それまで迷路のように複雑に入り組んでいたパリの道や家々を取り壊し、新たに大きなアパートをいくつも建て、水道と下水道を配備し、大通り、地下鉄、浄水場や貯水槽、学校や病院などの公共施設が作られ、現在のパリの街の基礎が出来上がりました。

そういったインフラの整備と近代化が進むに従い、人々の生活様式も大きく変わっていったようです。そんな中、徐々に姿を消していった職業がありました。
昔はどんな職業の人達がいたのか調べてみました。


1376941982-2_convert_20150208224947.jpg
以前、パリにはライフラインとなる水道が整備されていなかったので、人々は井戸や湧き水のあるところまで、水を汲みに行かなければなりませんでした。
そこで街で暮らす人のために水を運ぶ、『水の運び屋』-porteur d’eau-という職業があったそうです。

馬車などで水の入った大きな樽を街まで運び、それを左右10Lずつバケツに入れて、その界隈やアパートの階段(当時6階建て)を上り下りしていたそうです。


parc+de+la+villette+7+porteurs_convert_20150208225021.jpg

水の運び屋の多くは、オーベルニュ出身(ボルヴィックで有名な地方)だった。
人々の間では「犬の職業」« un métier de chien » と呼ばれ、
何度も水場と街を往復する肉体的にも大変な仕事だったようです。

しかし、街が近代化しアパートの最上階まで水が届くようになると
段々その職業も姿を消していきました。



kitchen-0021_20150209044011e12.jpg




marchand_de_coco_convert_20150209020202.jpg 372px-Marchand_de_coco_-_Chocolat_convert_20150209003436.jpg
飲料水では18世紀後半から20世紀初頭にかけて、フランス(主にパリ)とベルギーで『ココ売り』という人がいました。

『ココ』というのは、レグリス(Réglisse)という独特な香りと味のする木の枝とレモンの風味をつけた飲料水の事で、それを特製のタンクに入れて背負い、コップをいくつもベルトにひっかけて「ココ〜、ココ〜はいらんか〜!!」と鐘を鳴らしながら通りを歩いて商売をしていたそうです。

720577528_convert_20150210014500.jpg
marchand de coco

20世紀になると、タンクを背負わなくなり屋台で売られるようになりました。
こんな職業が100年以上存在してたんですね。

日々の糧を得る為に、通りで仕事をする人達。
今ではもうなくなってしまった様々な職業が、街には存在していたようです。
続く・・







2015.02.06.Fri

Paris 15区、メトロ6番線沿い

エッフェル塔に近いメトロの線(6番線)が作られてから100年が経つということで、その老朽化してきた鉄橋部分を去年の夏から改修工事していました。

この鉄橋ができた当時の様子が、ポストカードとして残っているので、散歩した時に撮った写真と比較してみました。


1317995696-Rue-du-Commerce-1_convert_20150206205912.jpg
commerce通り 
写真の奥はパリ万博の時に置いてあった観覧車。1910〜1920年頃? 
この頃はまだ車が走っておらず、パリの中には約10万頭の馬がいたということで
街中はひずめの音と馬車の音で、いつも賑やかだったそうです。

そんな音が煩わしい時は、道にワラを敷きつめることもあったとか。


DSC06678_convert_20150207005846.jpg
現在(上写真、陸橋の反対側、2013年)
鉄橋の下では今でも週二回市場が開かれています。

151boulevarddegrenelle001_convert_20150207021104.jpg
当時







151rueclodion002_convert_20150206205847.jpg
15区 Clodion通り  Grenelle大通り  1930頃 

DSC03609_convert_20150206202635.jpg
現在







1408364923-Paris-rue-du-Commerce_convert_20150207022152.jpg
commerce通り1930~1940年頃? 

馬車に代わって自動車が走り始めます。
まだ電気がひかれていない場所では、夜にガス灯に火を灯して回った。

生活ゴミは、鉄か木製のゴミ箱に入れて店頭に置かれ
回収したものは一部セーヌ川に直接捨てられていました。⬇

DSC04755_convert_20140403070857-1_convert_20150208035921.jpg
ぎょっ!


DSC03521_convert_20150206205959.jpg
現在








1391672591-Paris-Metro-Passy-Viaduc-de-49-DC-601_convert_20150207021044.jpg
メトロ6番線  Viaduc de Passy   Bir-Hakeim橋 

まだこの6番線ができていない初期の頃、車両は木製でした。
ところが火災により80人以上が死亡するという事故が起きたため
1920年から鉄でできた車両に代わっていきました。



DSC05920_convert_20150207010213.jpg
現在
この鉄橋の下は映画やCMの撮影などで使われるので、
見覚えのある方もいらっしゃるかもしれません。


パリの歴史を調べていると19世紀末から20世紀初頭に行われたパリ万博に合わせ、大きく街が変化したことが分かりとても興味深いです。







2014.10.22.Wed

パリ郊外の建築

DSC02071_convert_20141023012344.jpg
先日義母の住むパリ郊外に行ったので、ぐるりと家の周りを散歩して写真に収めてきました。
新しいアパートではなく、ちょっと古い味のあるアパートや家を撮ってきましたが、独特な石で作られている建物があります。

この石はピエール・ムリエール(Pierre Meulière)と言われるもので、調べてみると1900〜1930年代に多く使われた石で、もともとパリの周りでたくさんとれた石らしく、石臼”ムール”(Meules )の材料として使われていたと言うことです。

身近にあった材料で家を作るという、とても道理にかなった家作りだったということですね。フランスの昔の家はこういった石造りの家がとても多くて、地方によって採れる石で作るので、黒い石で作られた家はくろっぽく、やはりフランスにお住まいのタヌ子さんのブログでは赤い石で作られた家もあって、そういった建築はとても興味深いですね。




DSC02071_convert_20141023041503.jpg 403px-Meuliere_pierre_du_coucou_03_convert_20141023043059.jpg
この石、ぱっと見た感じ軽石のように気泡のような穴が空いていますけど、普通に重い石です。

この右の写真は石臼にする途中まで加工されて、結局使われなかったもののようです。面白いですね。




sainte_sabine_carte_postale_1_convert_20141023043119.jpg
こんなポストカードもありました。機械ではなく左に置かれた棒で転がしていたのでしょうか・・しかし、重そう〜(写真はお借りしたものです)



DSC02121_convert_20141023012737.jpg
この石を使った建物、そういわれてみれば、パリの中というよりパリ郊外でよく見かけます。



DSC02067_convert_20141023012337.jpg
これなどは、二階までの部分と三、四階部分の使われた材料が違いますね。上部分は後の時代に付け足しさたものだと思います。
初めて見た当初は、この石の建物はあまり好きではありませんでしたけど、こうやってみるといい感じですね♪



DSC02092_convert_20141023035816.jpg
後の時代に作られたアパートだと思われますが、最近綺麗にされたのでしょう。ピカピカです。
左に見える建物は近代のアパートですが、スタイルがパリの中でよく見られるアパートを真似たものです。



DSC02078_convert_20141023012542.jpg
これも下の部分は新しいので、外壁だけ作り直されたのかもしれません。



DSC02112_convert_20141023012626.jpg





DSC02085_convert_20141023044758.jpg
これなど、最近作られたものですね。下にレストランがありますが、二階の人は毎日食べ物の匂いがするんでしょうね。良い様な悪いようなですけど。

お気づきになった方もいるかもしれません、洗濯ものがありません。パリでは洗濯ものを外に干すことが禁止されているんです。この場所はパリからちょっとだけ外れたところなのですが、やっぱり洗濯物を外に干す人はいないようです。

だいたい主にシャワールームなどに干すらしいですが、日本人の感覚ですと乾かないだろうと思うところですが、湿気が少ないのでちゃんと乾きます。ちょっと驚きですね〜。

古いアパートは全てお湯を使った暖房が備わっています。以前は石炭でお湯を沸かしていたそうですが、もちろん今はガスや石油。新しいアパートはキッチンも暖房も全て電気です。

古い建物は内装にも凝ったものもあるんですけど、いつか紹介できるでしょうか〜。たぶんないでしょう・・。アパート”石”情報でした。^0^





2014.10.08.Wed

パリを走る電気自動車

パリにはどこでも借りられて、どこでも乗り捨てることができるレンタル自転車(決められた駐輪場はあります)があり、それもだいぶ人々の間に浸透してきましたが、それと同じようにどこでも借りられ、乗り捨てできる電気自動車があります。

オトリーブ(Autolib')というのですが、このシステムもこの12月で3年が経ちます。そこそこ街を走っている様子からすると、叙じょに利用者も増えてきているのではないでしょうか。


DSC01951_convert_20141002054548.jpg
新規登録するにも初めてその場で借りるのにも、全て機会で自動で行えるので、とてもお手軽です。妻も時々使っています。

このチャージする電気コードを外してから、目的地に着いて差し込むまでの時間の料金が、計算される仕組みになっていて、支払い方法は、登録する時にカード番号を教えてあるので、使い終わった時点で、自動的に引き下ろされる仕組みになっていています。


DSC01955_convert_20141002013652.jpg
一回の走行で250km走行可能、最高速度130km、30分おきに料金がかかるシステムになっていて、最初に登録する時に1年契約にするか、1日だけにするかで料金はかわりますが、だいたい30分で5ユーロから9ユーロ(690円〜1,250円)くらいということです。
スマホでの予約やステイションの車の飽き情報も確認できるということなので、使い慣れてくれば車のない人にとって、便利な交通手段になってくれるのかもしれませんね。





DSC01952_convert_20141008170721.jpg
車の外見は、いつみてもだいたいキチャナイ・・(笑) 車をピカピカに磨き上げている人には、ちょっと乗るのに抵抗があるかもしれませんが、世界に先駆けた環境に優しいEV車の都会での使用と言うという点で、多目にみても良いのではないかと言う気がします。



DSC01954+(1)_convert_20141009025742.jpg
ステイションで乗車する人間の確認できると、鍵が空いてのることができます。電気コードが付いていない時間を料金として計算されますから、勝ってにどこでも放置してしまうと、いつまでも料金がかかってしまうので、皆さんきちんと返すようです。

クリーンなイメージの電気自動車ではありますが、原発依存率80%と、フランスは作る電気のほとんどを原子力発電所に依存しています。


世界に走る全ての車が、電気に代わる日がくるのか・・。まだこの地球に石油が残っている以上、その道のりは平坦ではないのかもしれません。





DSC02195_convert_20141009030356.jpg
ほぅ〜・・いくら電気でもね、獣医さんと車だけは好きになれないのよね・・






2014.10.01.Wed

PARIS (2)

フランスに観光に来れば、パリを観光するのは当然ですが、地方に足を伸ばすオプショナルツアーで人気があるのが、モンサンミッシェルです。今まで来た私の家族や友達の半分以上が、モンサンミッシェルに行っていますが、私はまだ一度も訪れたことはありません・・。

パリから日帰りのバスツアーで行くのですが、往復で700km、片道5時間以上もかかるので、狭いバスに揺られての旅は、かなり疲れるということです。片道350km、東京ー名古屋と同じだと考えると、バスで日帰りするにはちょっと厳しい距離かもしれませんね。
このツアーに必ずと言っていい程付いているのが、昼食に出る名物のオムレツですが、塩味の泡立てた卵という感じで、正直わたしは日本人の口には合わないと思います。ツアーに行った人も皆口を揃えて「一度たべたら、もういいかな・・」というちょっと消極的な感想。


昨日に引き続き、パリで目に留まった写真です。ぜひイマジネーションを膨らませてご覧下さい。



DSC01918_convert_20141001180443.jpg






DSC01967_convert_20141001180329.jpg






DSC01962_convert_20141001180254.jpg






DSC01910_convert_20141001192653.jpg
メトロの駅




DSC01970_convert_20141001180107.jpg




DSC01964_convert_20141001071902.jpg







DSC01877_convert_20141001022215.jpg







DSC01929_convert_20141002013010.jpg






DSC01913_convert_20141002012630.jpg







DSC01969_convert_20141001193540.jpg
サンドイッチ屋さんの店先。
観光客が多いときは、ここも一杯に。






DSC01946_convert_20141001015905.jpg  






DSC01859_convert_20141003041123.jpg
自動現金引出機
外に設置されていて、24時間いつでも引き落とせます。





DSC01867_convert_20141003041005.jpg
この日は薬屋さんのストライキで、パリの90%の薬屋さんが閉店。

薬屋さんと関係ない落書き『テレビを消して、空を見なさい』
↑ちょっと良い事言ってる?




DSC01961_convert_20141001180829.jpg


 



DSC01744_convert_20140930234453.jpg
お土産やさんにて。






DSC01826_convert_20141002061116.jpg
今は閉まっている、古い銭湯。珍しいです。





DSC01957_convert_20141002013407.jpg

こんな感じでしょうか。小一時間よく知っている界隈をぐるっと一周してカメラに収めてみました。こうして見て見ると、やはりどこをとっても日本と違う場所の写真だとすぐ分かります。
裏を返せばフランス人の目からみると、
それだけ日本が個性的ということになるのでしょうか。

今年の秋はだいぶ暖かいみたいです。
街と田舎では昼に気温差は8〜10℃ありました。
気持ちのいい秋晴れの一日でした。







« NEW  | HOME |  OLD »