森の食堂 ア・ラ・カルト

フランスの片田舎で、四季の食材を使った料理を楽しみながら、森の動物とネコ達と暮らす日々を綴ったブログです。

パリ

2015.11.15.Sun

テロ

日本でも大きく報じられていると思います、またパリでテロ事件が起きました。
今年1月に起きたチャーリーエブドの事件以来、テロに対しての警備も厳しくなり、何度かテロを未然に防ぐことができていたのが、129人の死者、352人の怪我人、そのうち99人が重体というフランスで過去に例をみない大きな事件になってしまいました。
今年は特に世界各地でテロ事件が頻発している気がします。

パリには詳しくない私が、たまたま知人が住んでいるということもあって、何度か事件が起きた界隈に行ったことがあるのですが、観光客がたくさん訪れるような場所ではないので、日本人の犠牲者がいなかったのではないかと思います。お洒落なブティックやレストランのある地元の人たちで賑わう活気ある街という印象があります。

犯人たちはイスラム国を名乗る過激派。イスラム国に感化され戦闘員になる若者は、ヨーロッパの中でフランス人が一番多く、たくさんの武器もフランス国内に入ってきています。罪を犯した者は法で裁かれるという常識が通用しないテロリストに対して、いったい何をしたらいいのでしょう。
フランスがイスラム国に対する空爆を続ける限り、またテロを起こす言っていますが、では空爆をやめたらテロはなくなるのかというと到底そうとは思えませんし、宗教が違うからと言ってまた異教徒を斬首するのでしょう。

犯人たちは自爆し、現場に落ちていたパスポートから、一人はギリシャで難民として認定されたシリア人のものだということが分かったようです。
だとするとシリアから入って来る多くの難民の中に、テロリストが紛れ込む可能性があると懸念されていたのが、現実になってしまったということでしょうか。
もしそうなると、いろいろな国で新たに難民の受け入れが厳しくなりそうです。

明日は何が起こるのか誰にも予測できない。亡くなった人のことを想うと命の儚さを感じずにはいられません。



2015.07.11.Sat

エッフェル塔、プチ裏話

DSC05567_convert_20150713072946.jpg

熱風の吹く暑い日が数日続きましたが、なんとかそれも一段落して例年並みの夏の陽気が戻ってきました。
いよいよ本格的なバカンスシーズンが到来ということで、フランス人は海や山へ繰り出し、先日パリへ行った時には、街の中は車も少なくいつもより静かな感じがしました。

街にフランス人がいなくなっても逆に夏は観光客が増えてきます。1年で世界一外国人が多く訪れる国はフランスなのだそうですが、中でもエッフェル塔は必ず訪れる観光スポットと言われているようです。


以前エッフェル塔のドキュメント番組を見ていて驚いたのですが、一般入場を終えてからエレベーターを何往復もして4トンものお土産を搬入しなければならないのだそうです。
それが毎日のことなので、次の日の朝までに商品を搬入して陳列する作業は、時間との戦いで大変だと話していました。
ちなみにエッフェル塔のエレベーターは、スカイツリーにあるような近代的なエレベーターではなくて、作られた当時の油圧式のものが今でも使われているそうです。


それと塔の展望台に高級レストランがあるのですが、塔内の調理場は限られた大きさしかなく、ガスが禁止で電気しか使えないのと、肉や魚などの生ゴミを出さないようにするために、毎日の仕込みは塔から200m離れた場所で行っているのだそうです。
そこでほとんどの下ごしらえを済ませてから、塔の下まで車で材料を運び、改めてエレベーターを使って調理場に持って行くのだと言っていました。

レストランで人気のある窓際の席は、3ヶ月先まで予約がいっぱいで、一日のうちに昼と夜の一回ずつ、客席のどこかでプロポーズをする人がいるのだそうです。
男性も色々と試行錯誤して指輪をプレゼントしたりするのかもしれませんね。




 o-EIFFEL1-570_convert_20150713072825.jpg
今年はフランスでも地球の環境を考る年ということで、エッフェル塔に風力発電のためのタービンが2基が取り付けられました。これで1階ギフトショップの電力をまかなえるということです。


開業以来120年を越えるこの塔には、他にも聞いて驚くような物語がたくさんあるのかもしれません。










2015.03.29.Sun

曇りのち晴れ

DSC03999_convert_20150330030205.jpg





DSC04029_convert_20150329204857.jpg




DSC04032_convert_20150329185459.jpg






DSC04023_convert_20150329185657.jpg






DSC04004_convert_20150329184640.jpg





DSC04024_convert_20150329185955.jpg

だいぶ暖かくなったなと思ったら、また気温の低い日が続いています。
ずっと曇っていた灰色の空に、オレンジ色の夕日が差し込んで綺麗でした。

今日から夏時間。夜まで明るいと時間を得したようで嬉しくなります。







2015.02.17.Tue

ベルエポック Belle époque 

b102850f3f921a6d92f0acf2b9c56c9e_convert_20150217061353.jpg
19世紀末から1914年にかけて、パリでは万博博覧会の開催、地下鉄の開通、アールヌーボーの開花、オリンピックの開催、オスマン氏によるパリの大改造、大手百貨店の開店、自動車の普及と、どれをとってもこれまでにない大きな繁栄を遂げ、『ベルエポック』 (Belle époque)と言われる、これまでのフランスの歴史の中でも、最も華やいだ時期を迎えていました。

この時に建てられたエッフェル塔の存在は、当時の金属産業と建築技術を集結した、まさに時代の象徴といえるのがよく分かります。



400px-Corset_1900_convert_20150217060833.jpg





tumblr_l755wsGDje1qzelz9o1_1280_convert_20150217065358.jpg
Le Grand Palais グラン・パレ
熱気球の展示風景



1de8be8201e1a44601fe631e1b683b97_convert_20150217070224.jpg
セーヌ川沿いには100のパビリオンが集まり、夢に溢れコルセットをきつく締めた女性達はオシャレを競い、絵画、彫刻、ファッション、映画、家具、宝石、など様々な芸術においてパリは世界の中心と言われた。




site386_convert_20150217061451.jpg
Les Halles (レ・アール、日本でいう築地と同じ、当時フランス一の市場)

街は活気に溢れ、人々は輝きに満ち、仕事を求めて多くの人がパリに集まりました。


    






しかしこの後、1914年から1918年まで4年間に及んで
毎日およそ1万人の死者が出たと言われる第一次世界大戦が始まるとは
誰も予想できなかった。

1313354-Bombardement_de_Reims_durant_la_Première_Guerre_mondiale_convert_20150217074038
Reims Cathedral レンヌの街





2015.02.15.Sun

1878年 パリ万博 

SOLparkParis_convert_20150216051447.jpg
1878年パリ万博にて ニューヨークへ送られた自由の女神像の頭部








DSC06629_convert_20150216053647.jpg
2013年3月 セーヌ川の自由の女神




« NEW  | HOME |  OLD »