FC2ブログ

森の食堂 ア・ラ・カルト

フランスの片田舎で、四季の食材を使った料理を楽しみながら、森の動物とネコ達と暮らす日々を綴ったブログです。

日記

2019.06.18.Tue

夏らしく

DSC00127_convert_20190619042647.jpg

今日の気温は28℃。夕方、農家へ野菜を取りに行ってからの帰り道、肥えた麦の穂が、風に揺れて輝いていました。
今の季節は、そら豆、グリンピース、ズッキーニが旬で、きゅうりやトマトはもう少ししてから収穫が始まり、ナスは更に少し遅れて旬を迎えます。
先週末はフランスも父の日だったので、家族が集まり庭で食事を楽しむ声が、隣近所から聞こえてきました。これから始まるバカンスを前に、人々の気持ちも浮かれているようです。




2019.05.13.Mon

ブロ友さんとのお別れ

DSC09931_convert_20190513233131.jpg


”クロウタドリ”(Blackbird)と聞いても、どんな鳥なのか日本人の方にはパッと思い浮かばないかもしれませんが、フランスはもちろんヨーロッパではかなりポピュラーな鳥で、スウェーデンの国鳥なんだとか。
冬には、口ばしで落ち葉を払いのけ、葉の下に潜んでいる虫を探している姿を見かけます。最近は日の出から日没まで、一日中庭からこの鳥のさえずりが聞こえてきます。ウグイス同様、オスが縄張りの主張をしているのかもしれません。



2013年にブログを通して知り合った花音さんが亡くなったという悲し知らせを聞きました。
癌転移、再発の不安、抗がん剤の副作用にも負けず、必ず癌を治してみせるという常に前向きな姿勢に、いつも元気をもらっていました。ブログに綴る彼女の言葉は、どんなときも明るく、今日の5月の澄んだ青空に似ています。
料理が好きで、何事にも感謝を忘れない方でした。あなたが今まで精一杯生きたことを、私は忘れることはないでしょう。

心よりご冥福をお祈りします。






2019.04.30.Tue

令和

pJyWoZ_bk6CWq6Q-1_convert_20190501043529.jpg
新元号ねこ

平成も終わり今日から「令和」という新年号になりました。私のパソコンで「れいわ」を変換したら「0話」と出てきてしまい、使ってるパソコンも古くなったなぁと実感しました。

海外では日付けを全て西暦で数えるので、日本でいただいたものや、日本で買った商品に書かれている賞味期限や消費期限が、日本の年号で書かれていると、困ることがあります。
実際もう、今年が平成何年なのか、私はもう分からなくなっているので、平成29年、30年と書かれていても、じゃあそれが西暦で何年なのか、いちいち調べないといけないので面倒です。これからは2019年は4月まで平成で、5月から令和・・。これからしばらくの間、また面倒になりそうです。




2019.04.05.Fri

DSC09735_convert_20190405175353.jpg
一昨日は検診だったので病院へ。青空に浮かぶ雲が綺麗でした。

ビタミンB系は神経に良いということで、レバーや豚肉、大豆、イワシやアーモンド、様々な果物も買ってきました。改めて食生活を見直していこうと思います。



2019.03.31.Sun

四月

DSC09718_convert_20190401060956.jpg


フランスは今日から夏時間になります。春になったばかりなのに夏時間!? 1時間、日が暮れるのが遅くなるので、夜8時くらいに日没になると思います。この夏時間に変わる季節は、少し時間を得したような気分になるのですが、反対に秋に冬時間に変わる時は、これから陰湿な冬が来るかと思うと、ちょっと暗い気持ちになります

東京オリンピックの酷暑対策に、サマータイムを取り入れようという案が出ていましたが、ヨーロッパでのサマータイム廃止案が浮上しているために取りやめになった聞きました。とても良い案だと思ったのですが、新幹線が1分も遅れることなく運行できるよう努める国ですから、単に時間を数時間ずらすだけといっても、いろいろなことが複雑に絡み合ってくるので、混乱が起きる可能性を考えると、怖くて実現できなくなってしまうのかもしれませんね。






« NEW  | HOME |  OLD »